アフリカにバックパッカー

アフリカにバックパッカーとして行くのは初心者には難易度が高い

アフリカにバックパッカーとして行くのは初心者には難易度が高い

アフリカにバックパッカーとして行くには、旅慣れた人か、体力に自信があって英語が話せるという人でないと厳しいかもしれません。

 

それだけ、アフリカは環境的に苛酷なところです。

 

個人で旅をするよりも、オーバーランドツアーという、乗合キャンピングカーのようなスタイルで旅行する方法がいいでしょう。

 

危険な犯罪に巻き込まれる可能性のある国が少なくない地域なので、バックパッカーとしていくのは、事前にしっかりとした準備と計画が必要不可欠です。

 

オーバーランドツアーとは?

スポンサーリンク

 

砂漠や環境の厳しい土地が多く、移動が大変なアフリカでは一人で旅をするのはとても大変です。

 

なので、バックパッカーとして旅をするならば、オーバーランドツアーに参加することをおススメします。

 

オーバーランドツアーとは、大きなトラックを改造してさまざまな道具を詰めこみ、いろんな国から集まった人たちといっしょに旅をするスタイルのことです。

 

アフリカ以外にも、南米やオーストラリアでも行われている旅行の手段で、厳しい旅路を行くバックパッカーたちが多く利用しています。

 

基本的な生活スタイルは、キャンプをずっと続けると考えてください。

 

食事は自炊が基本です(たまに調理人が同行しているケースもあります)。

 

テントを張って寝泊まりを行い、トイレも屋外が基本となります。

 

簡易シャワーが併設されているキャンプ場に寄ることもありますが、冷たい水しか出ない場合も多いのです。

 

とにかく、日本とは勝手がまったくちがうという点は念頭においてください。

 

スポンサーリンク

 

英語は必須〜コミュニケーションが苦手な人はツライかも

アフリカの場合、日常会話はすべて英語です。

 

いろいろな国からの旅行者がアフリカに集まるので、世界共通言語である英語が使われます。

 

文書もすべて英語なので、アフリカにバックパッカーとして行く場合、まったく英語ができなかったり苦手だったりする人はちょっと大変かもしれません。

 

ですが、逆に考えると、英語を上達させたいのならば、ある意味では最適な環境とも言えます。

 

必要に迫られますので、語学学校に通うよりもはるかに英語がうまくなるでしょう。

 

また、まったくちがう国の人とコミュニケーションをとることによって、人間性も磨かれるに違いありません。

 

犯罪発生率が高い! 危険には十分注意して

アフリカは、紛争や内戦がよく起こる地域でもあるので、バックパッカーとして経験の浅い人は十分に注意してください。

 

世界一危険なヨハネスブルグや、ケープタウンは、昼間はキレイな店が並んでいて意外に楽しいところです。

 

しかし、夜になると目つきの悪い黒人があちこちにいるので、一人で出歩くのは絶対に避けましょう

 

このように、アフリカは初心者バックパッカーにはあまりお勧めできる場所ではありません。

 

さまざまな土地で経験を積み、旅行者としてのスキルや語学力が身についてからチャレンジするのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加