バックパッカーの保険

バックパッカーが海外に行くときの保険についての豆知識

バックパッカーが海外に行くときの保険について

 

バックパッカーが保険に入らないで海外に行くのは大変危険です。

 

海外での慣れない環境での一人旅は、いつどこで体の調子が悪くなるか分かりません。

 

また事故にあったり、持ち物を盗まれたりする可能性も常にあります。

 

万が一に備え、自分の身を守るための保険に入ってから海外に出発するのは、バックパッカーにとっては常識となります。

 

しかし最近は、保険会社の数も増えて、どの保険を選んだらいいのかわからない方もいることでしょう。

 

そこで今回は、バックパッカーとして選ぶべき保険の保障や、どういった災難に対してサポートがあるのか、といったことをご紹介してみたいと思います。

 

クレジットカードの保険はギリギリ?

スポンサーリンク

 

クレジットカードを作ると、付帯サービスとして保険やさまざまな保障がついてくることがあります。

 

しかし、その内容についてはまちまちなので、必ず保障の範囲などについて確認してから旅に出るようにしましょう。

 

何かあったときに、「てっきり保障の範囲だと思っていた」と勘違いに気がついても手遅れです。

 

クレジットカードを申し込んだときについてくる保障の例として、通院費、持ち物の保障、海外旅行に行く人のための保険、といったものがあります。

 

海外旅行者のための保障がついていた場合は、その保障がいつから発生するのか把握しておきましょう。

 

ケースにもよりますが、一般的に日本から飛行機に乗るときの航空チケットを買ったときや旅行パックの代金を支払ったときから始まるものと、旅先で電車の切符を購入したときに初めて保障がスタートするものの2タイプがあります。

 

また、事故等が発生した日から三ヵ月程度の期間で保障がつく場合が多いです。このサポート期間についてもしっかり確認し、頭に入れておくようにするといいでしょう。

 

正式な保険に入っておくべき。おススメは「AIU海外旅行保険」

スポンサーリンク

 

海外でバックパッカー旅行をしていて盲腸炎にかかってしまったときの例で考えてみましょう。

 

日本で健康保険に入っていれば、緊急に手術をしたとしても、三十万円ほどで済みます。

 

民間の保険会社に加入していれば、さらに治療代・通院代などが保険金としておりることもあるでしょう。

 

しかし、何の保険にも加入していない状態で海外で盲腸炎になると、百万円を超える治療代を請求されることもあります。

 

そうした事態に備え、海外に旅立つ前に、正式な保障を専門で扱っている会社を選ぶことをオススメします。

 

たとえばAIU海外旅行保険などに加入をしておけば、あらゆることに対応した保障がありますので、旅行の際には安心でしょう。

 

公式サイトで旅行期間やどこの国を訪れるかなどの情報を入力すると、支払うべき金額がすぐにわかるので使いやすいです。

 

バックパッカーで海外に行くなら、このサイトに一度目を通しておくといいでしょう。

 

バックパッカーとして海外を旅するということは、トラブルと隣り合わせです。

 

どんなことが起こってもあわてることがないように、保険についてはしっかり吟味したうえで加入しておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加