女のバックパッカー

女性バックパッカーが一人で旅をするときに注意すべきこと

女性バックパッカーが一人で旅をするときに注意すべきこと

最近では、男性よりも女性のバックパッカーの方が増えていると言います。

 

しかし、女性だからこそ気をつけなくてはいけない旅の注意点というものもあります。

 

海外では何が起こるか分かりませんので、女性がバックパッカーとして旅をするときには十分に気をつけなくてはいけません。

 

何があるかわからない! 夜の散歩はなるべくひかえて

女性の夜の一人歩きが危険なのは日本も海外も同じですが、海外だと危険度は格段に上がります

 

実際、国によってはいつどこで何が起っても不思議ではないような状況のところも多いのです。

 

スポンサーリンク

 

一人歩きの女性バックパッカーを狙ったレイプや強盗などが、日常的に発生しているような国もあります。

 

都市部であっても、夜間に一歩路地裏に入ったりすると、女性にとっては非常に危険だったりします。

 

バックパッカーの女性が特に注意すべき場所としては次のような場所があげられます。

 

・都市部の路地裏
・ライフラインが整っていない農村
・ひとけのない道路
・いかにもあやしそうなバーやパブ

 

これらの場所に、女性が一人で入ったり近づいたりするのは絶対にやめましょう。

 

けっして自分だけは大丈夫と思わないでください。女性バックパッカーとして自分の身の安全を守れるのは、自分だけなのです。

 

「はっ」と気づいたらもう盗られている。盗難には十分注意をして

夜道だけでなく、日中であっても海外を旅する女性バックパッカーには危険がいっぱいです。

 

海外の犯罪者の間では特に、日本人の女性は狙いやすいというイメージがあるようです。

 

サイフを盗られた、ケータイを盗まれたなどは日常茶飯事です。

 

カバンごと持っていかれたり、身につけている洋服まで強盗にあったりと、日本では考えられないことが当たり前のように起こります。

 

そのため、盗難には十分注意をすべきです。

 

サイフを手にしたまま町中を歩いたり、おしりのポケットに入れたりするなど、初歩的な防犯ミスには気をつけてください。

 

スポンサーリンク

 

最近多いのは、スマートフォンを操作しながら歩いていて、それをいきなりひったくられて盗られるケースです。

 

海外では、スマホは高く売却できるので、狙われやすいのです。

 

▲女性ならではのトラブル対策グッズに目からウロコです

 

また、宿での貴重品の管理にも細心の注意を払ってください。

 

バックパッカーをしていると、知らない同士が同じ部屋に泊まることも少なくないですが、寝ている間にお金がなくなっていたり、荷物が盗られていたりすることもよくあるようです。

 

体のトラブルは旅に支障をきたす! 体調管理を忘れずに

女性がバックパッカーをしているときに忘れてはいけないのは、体調管理です。

 

男性にはない生理痛や膀胱のトラブル、偏頭痛などが起きたときのために、内服薬を用意しておきましょう

 

海外で医療機関にかかると、保険が使えずに多額の治療費を払わなくてはいけない場合もあります。

 

なるべく、薬だけの対処ですむように、前もって準備をしておきましょう。

 

また、薬はなるべく日本から持っていくのが無難です。国によっては、よく成分の分からない薬が販売されていたりするからです。

 

日頃自分が使っている薬が、一番安全です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加