バックパッカーで世界一周

世界一周旅行をバックパッカーとしてチャレンジしてみたい人へ

世界一周旅行をバックパッカーとしてチャレンジしてみたい人へ

世界一周をするのは、すべてのバックパッカーの夢ではないでしょうか。

 

どの国を経由して世界一周をするのか事前にしっかりと決めて、予算と相談しながら各種チケットの手配やパスポート及びビザ取得などの段取りをすることが大切です。

 

これらの準備が整ったら、いよいよあなただけの世界一周旅行に向けて出発です!

 

まずはルートの決定から。きっちり決めすぎないことが大切

どの国に行きたいのかをピックアップして、大きな地図上でルートを決めるのがバックパッカーとして世界一周をする最初のステップです。

 

大まかに行きたい国を選別し、近い国同士を線で結んでいきます。イベントや祭りの時期も考慮して、西回りにするか東周りにするかも決めましょう。

 

このとき、あまりキッチリとルートを決めずに、おおまかに計画を立てることを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

初めからギチギチに予定をつめてしまうと、他に行きたい国が見つかったのに、ビザや旅費の関係で行けなくなってしまうということも起こり得ます。

 

バックパッカーの旅は、つねに柔軟さが求められます。

 

日程と予算を決めて旅の全体像をつかむ

多くのバックパッカーが世界一周を計画する上で気になるのが、予算の問題ではないでしょうか。

 

世界一周の費用となると、相当な高額になるのではないかと不安になってしまう人も少なくないでしょう。

 

おおよその目安でいくと、ほとんどの世界一周をするバックパッカーは、一年半ほどの日程で計画します。

 

費用は300万円程度あれば十分で、500万円あればかなりリッチな旅にすることができます。

 

どの国を回るかによって費用は変わりますが、基本的にアジア諸国・アフリカが中心ならばかなり安上がりです。

 

反対に、欧米諸国が中心の場合ですと、それなりに高くなります。

 

1日にかかる費用の目安は、どんなに高くても8千円程度にしましょう。アジア圏で2千〜4千円、欧米諸国・オーストラリアなどは6千〜8千円くらいがベストです。

 

スポンサーリンク

 

ビザやクレジットカードのこともお忘れなく

長く滞在したい国があれば、事前に確認して、現地の大使館でビザをとった方がいいのか、日本にいる時点で用意しておいた方がいいのかを明確にしておきましょう。

 

バックパッカーとして世界一周旅行をするなら、クレジットカードの準備も不可欠です。

 

クレジットカードは、海外では身分証明書代わりにもなりますし、万が一サイフを紛失したときのことなどを考えてつくっておきましょう。

 

クレジットカードがあれば、現地でレンタカーを手配するときにも役立ちます。

 

荷物は総重量十二キロを目指す?

バックパッカーをするときに、重たい荷物を背負っていくのは大変なので、総重量十二キロを目安に荷づくりをしましょう。

 

本はスマートフォンに入れていく、シャンプーやリンスなどの液体は持っていかないなど、ちょっとした工夫で重量を減らすことができます。とにかく長い旅行になりますから、こうした準備は怠らないようにしてください。

 

バックパッカーとして世界一周をするのは果てしなく、そして楽しくも過酷な旅になります。

 

しかしそれを成し遂げた後には、その経験は一生の宝物にもなるでしょう。

 

そのためには、あとで後悔しないように旅の計画は念入りに、準備をしっかりと行うことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加