バックパッカーの仕事

バックパッカーの仕事としてふさわしいのはどんな職業でしょう?

バックパッカーの仕事としてふさわしいのはどんな職業でしょう?

バックパッカーにとって、一番の問題となるのが収入と仕事です。

 

旅は楽しいものですが、当然ながらお金がなくてはできません。

 

また、バックパッカー旅行は長期になることがほとんどなので、その間は仕事を休むか、退職をしなくてはいけない場合も多いです。

 

ここでは、バックパッカーをしながらできる仕事にスポットをあててみましょう。

 

自由に旅を続けたい方には、自由業が最適

スポンサーリンク

 

バックパッカーに一番多いのは自由業・フリーランスとして仕事をしている人です。

 

あるていど勤務時間や勤務内容に融通が利き、長期の休みもとることが可能な職業なので、バックパッカーをするにはぴったりの仕事と言えます。

 

企業や会社と契約を結んで、仕事をこなすのが代表的なパターンでしょう。

 

フリーの写真家、雑誌やウェブの記事を書くライター、ソフトを構成するコードを書くプログラマー、書籍やウェブデザインを行うデザイナー、などがあげられます。

 

フリーの仕事をする利点は、職場や時間に制約が少ないことだけでなく、パソコンやカメラなど、道具さえあればどこにいても仕事ができるところにあります。

 

海外でも対応しているモバイルインターネット端末を持っていったり、無料の無線LANが充実しているところで仕事をしたりするなど、旅の計画を柔軟にすれば、バックパッカーをしながら収入を得ることが可能になります。

 

通訳になれば語学をしながら収入が得られる

バックパッカーにとって、通訳も魅力的な仕事の一つです。

 

現地で言葉を実際に使う機会が増えるので、会話力のアップにもつながりますし、人とのコミュニケーションが不可欠なので人間力もアップできます。

 

スポンサーリンク

 

ただし、就労ビザをとって現地に滞在することになるので、事前に用意をしっかりしてから仕事を始めるようにしましょう。

 

高収入で引く手もあまた? 看護師の仕事は意外に魅力的?

バックパッカー旅行後でも仕事に復帰しやすい、という点において看護師はぴったりの職業と言えます。

 

場所にもよりますが、基本的に看護師というのは慢性的な人手不足になっています。

 

そのため、国内に帰ってきてからすぐにでも仕事ができる可能性が高いと言われています。

 

また、看護師専門の人材派遣サイトがインターネット上に複数あるので、登録しておけば、海外でバックパッカーをしている最中によさそうな職場を選ぶことができます。

 

良い求人があれば旅行の日程を調整して帰国を早めるのも良いでしょう。

 

このように、バックパッカーをしながらできる仕事というのは、フリーランス系か、つねに人手不足で帰国後にいつでも復帰できるような職業ということがいえるでしょう。

 

一般企業に勤めている場合などは、残念ながらよほど会社の理解がなければバックパッカーをするのは難しいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加