バックパッカーで中国

中国にバックパッカーとして行くときに覚悟しておいた方がいいこと

中国にバックパッカーとして行くときに覚悟しておいた方がいいこと

中国にバックパッカーとして行くときに気をつけてほしいのは、電車のチケットが取りにくい、トイレがびっくりするほど不衛生、という点です。

 

物価は安いので、買い物をするにはもってこいの国ですが、怪しいブランドの商品があったり、駅の窓口の対応がものすごく悪かったり、順番待ちしているときに平気で割りこまれたりします。

 

こういった中国の習慣は日本で生活している人にとっては面食らうことが多いかと思いますが、ちがう国の文化にふれる貴重な機会だと思って体験してみるのもいい人生経験になると思います。

 

電車がとっても人気な国? チケットのとりにくさは世界一か?

スポンサーリンク

 

中国人は、とにかく電車移動が好きな国民です。

 

バックパッカー歴が長い人にとっては周知のことかも知れませんが、電車のチケットのとりにくさは世界一といっていいと思います。

 

日本で電車の切符を買うときは、旅行の当日みどりの窓口に行っても空席が確保できます。

 

しかし、中国では、十日ほど前からでないと予約することができないのが普通です(時期によっては、数日前からも可能です)。

 

また、春節や国慶節の時期は、普通の日以上に席がとりにくくなります。

 

バックパッカーにとっては少々大変ですが、旅行の日程をあるていど計画して行動する必要があるでしょう。

 

また、飛行機は、出発・到着時間がズレることも少なくありません。

 

中国にバックパッカーとして行く場合は、以上の点を念頭において日程を組む必要があります。

 

汚いのが当たり前? 中国の衝撃トイレ事情

スポンサーリンク

 

中国を訪問する日本人バックパッカーの悩みのタネになっているのが、トイレの不衛生さです。

 

現在の日本では、よほど古いトイレでないかぎり、あきらかに汚い便器に遭遇することは少なくなりました。

 

駅の構内、デパート、観光地など、ほとんどの外出先で気持ちよく用を足せます。

 

しかし、中国のトイレは明らかに事情が違います。

 

紙がないのはあたり前のことです。自分で紙を用意しておくことは基本となります。

 

しかも、トイレットペーパーは流さずに、ゴミ箱に捨てるのがマナーのようです。

 

そのため個室内には匂いが充満しているので、気になる人には少し厳しい環境でしょう。

 

また、男性用・女性用に関わらず、仕切りそのものがないこともあります。

 

のぞかれてもおかしくはないのですが、中国ではそれが普通のことらしく、わざわざのぞきに来る人はまずいません。

 

しかし、日本のバックパッカーにとっては、慣れるまで少し大変かもしれません。

 

さらに、トイレが有料になっている場合もありますので注意が必要です。

 

また、中国ではインターネットの規制があり、GoogleやFacebook、Twitterなどにアクセスできないということもあります。

 

はじめて中国に行った際には、さまざまな場面で驚くことがあるかもしれません。

 

こういった事情があるということを、あらかじめ覚えておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加